北海道教育大学札幌校化学教室物理化学イメージ
<北海道教育大学札幌校物理化学研究室の教育理念>

  • 小中学校で子どもたちが最も時間を費やしているのは「教科の授業」である。
  • よって、教師は授業で勝負すべきである。
  • わかる授業にとって,本質的/第一義的に教師に必要なのは(小学校教師であっても)「基礎学力」である。
  • 大学で教科の内容(教科専門)を深く学ぶことは自分のためだけに行うのではない。
  • たとえその内容を直接は教えなくても、将来教えるであろう子どもたちのためにも学ぶのだ。
  • 知識を軽視しない。「反知性主義」を教師を目指す学生に蔓延させない。ただし暗記主義には陥らない。
  • 学生を「表層的な」実践・経験/体験主義“だけに”傾倒“させすぎ”ない(無い袖は振れぬ)。
  • 教員を目指す学生のこれ以上の理数科離れ(思考離れ)と学力低下を阻止する。
  • 学生を放っておかない。学生には勉強させる
  • 感性や感情だけを重視“しすぎる”のではなく,「事実」に基づいて「分析的に」そして「実証的に」物事を考えること“も”できる教師を養成する。
  •  熱血先生や子どもに優しい先生は人気がある。子どもが好きだから教師になったという人も少なくない。友達のように子どもと接する親しみのある教師像も,理想の教師の一つのタイプとされる。それに対して,「子どもをかわいいと思う余裕はない」と言う大村のことばは,子どもとの関わりが,あくまで授業という場での教師の役割を十分果たした上で成立するものだという見方を表しているように見える。教えるものとしての教師という役割を第一に考える見方である。
     しかし教える教師というのは,最近の教育界ではあまり人気がないようだ。教え込みや詰め込みが頭から批判されるようになって以来,教えることに熱心な教師は,子どもの自主性を尊重しない古いタイプの典型のようになっている。より広い視野で教育をとらえたとき,子どもの主体性に任せることがどういうことを指すのか,それを十分に考えないまま,教師の介入を単純に悪いことだと否定してしまう。子どもの個性を尊重し,子どもの「心」の理解を重視する最近の風潮のもとでは,教える教師は時代遅れに映るのだろう。
     ・・・・学習のための条件ともいえる「関心,意欲,態度」を,「学力」の一部に組み入れたことで,目的と手段との関係はあいまいになってしまった。生徒たちが楽しそうに活動する授業は,その活動のいきいきとした状態自体が評価される。その反面,そこで何が教えられ,何が学ばれているのかを反省的にとらえようというリアリズムは弱まっていく。
     研究者という,考えることのプロであるはずの大学教師でさえ,教員養成課程の学生たちに考える力をつける授業ができているかどうか。生きる力が大事だというわりには,大学の授業も心許ない。その意味では,大村のいう,身をもって教えない(大学の)教師によって,将来の教師たちが教育されているのかもしれない。

    大村はま/苅谷剛彦・夏子 教えることの復権 ちくま新書(2003) より

    北海道教育大学札幌校化学教室化学第二研究室 物理化学
    <北海道教育大学札幌校物理化学研究室は2006年4月で設立10周年を迎えます!>   <2006年4月より本研究室は札幌校教員養成課程基礎学習開発専攻理科グループ担当になります。必修免許は小学校教諭1種免許状ですが,所定の単位を習得することで中学校/高等学校理科の教員免許状の習得も可能です。大変希少価値のある理科に強い小学校教員を目指す人はもちろんですが,小学校理科からの学習内容の接続を理解した中学校/高等学校理科の教員を目指しているやる気のある人も歓迎します。本研究室では,内容の充実を図り,これまで通り理科(化学)の専門性の高い教員を育てますのでご安心ください。>
    コンテンツ 最終更新 2006.03.23
    s-mac-p92.sap.hokkyodai.ac.jp を検索

    新着情報 研究内容
     このホームページの履歴。  電極表面科学・物理化学の教材開発。
    研究室の紹介 研究業績
      受験生・自然生活教育系の1年次学生は必見!  論文・学会発表リスト他。内容別リストはこちら
    実験室訪問 卒論・修論
     実験室内部の様子・実験装置を画像で紹介。  在学生および卒業生の卒論・修論の紹介。
    カリキュラム リンク
     化学教室の教育カリキュラムの紹介。  教育大学・理科教育と化学教育・物理化学・就職情報、他。
    スタッフ 講義資料・講義情報
     担当教官 田口 哲について。理科教育についての発言集もあり。  授業に関する情報と各種データベース。
    教育内容と授業評価 物理化学研究室情報リソース
     講義・学生実験のシラバスや授業評価の結果を公開。  一部にアクセス制限あり。

    ニュース 最終更新 2005. 12. 23

    ■2005環太平洋国際化学会議(ホノルル)で研究成果を発表  

    北大大学院地球環境科学研究院嶋津研との共同研究 "Facile formation of water-insoluble cyclodextrin/Nafion composite films on solid surfaces. (K.Nakata, M.Sakamoto, M. Akiba, S.Taguchi, N.Yoshida, K.Shimazu)"を2005環太平洋国際化学会議(PacifiChem 2005,Honolulu, Hawai 2005年12月19日)でポスター発表しました。

    ■「化学と教育」(日本化学会)2005年11月号に論文が掲載されました。  

    本研究室の卒業生が4年生の時に取り組んだ卒業研究が「化学と教育」誌に掲載されました(CCDカメラとコンピュータを活用した拡散現象の教材開発 田口 哲・目黒英則 化学と教育 第53巻11号 626-629 (2005))。

    ■日本化学会北海道支部2005年夏季研究発表会で研究成果を発表  

    日本化学会北海道支部2005年夏季研究発表会(2005年7月23日〜24日:公立はこだて未来大学)において,「高指数面白金単結晶電極上での硝酸イオン還元に対するステップ原子配列構造の影響」というタイトルで田口が研究成果を報告しました。また,当研究室の大学院生も「リン酸塩溶液中のAu(111)単結晶電極上への亜鉛のアンダーポテンシャル析出に伴う電子移行数の熱力学的検討」(森・田口)「光学顕微鏡下でのデジタル撮影による塩化ナトリウム結晶成長の教材化」(樋田・田口)というタイトルで研究成果を報告しました。

    ■拓北・あいの里地区地域連携事業/フレンドシップ事業「土曜講座」ポスター完成  

    土曜講座ポスター2002年度より理系教員有志が中心となって毎年開催している拓北・あいの里地区の小中高生向けの体験教室「土曜講座」を今年も開催します。このたび広報ポスターを作成し,各学校に配布しました。本研究室では「光の秘密を探れ!―物の色と光の関係の不思議ー」と題して2005年10月16日(日)〔大学祭期間〕に中高生むけの講座を担当します。その他,様々なプログラムを用意していますので,拓北・あいの里地区の小/中/高校に通っていて参加希望の方は,先生を通じて申し込みをして下さい(案内は各学校に配布済みです)。

    ■北海道教育大学学術研究推進経費による研究成果報告会にて研究成果発表  

    16年度に配分を受けた学術研究推進経費(研究推進重点設備費:紫外可視分光光度計) で行なった研究成果概要を,2005年6月3日に研究成果報告会(テレビ会議システムで5分校をオンラインで繋いで開催)で報告しました。詳細は北海道教育大学本部のWebサイトをご覧下さい。

    ■第66回分析化学討論会(北見工業大学)で研究成果を発表  

    北大大学院地球環境科学研究院嶋津研との共同研究「シクロデキストリン薄膜の包椄特性と環境質量センサーへの応用」の成果を第66回分析化学討論会(2005年5月14日・15日北見工業大学)で発表しました。

    ■電気化学会第72回大会で研究成果を発表  

    電気化学会第72回大会(2005年4月1日〜3日:熊本大学)【シンポジウム:電極反応のアトムプロセス】において,「高指数面白金単結晶電極上での硝酸イオン還元活性:Pt(s)-[n(111)×(111)]とPt(s)-[n(111)×(100)]の比較」というタイトルで研究成果を報告しました。また,【シンポジウム:分子機能電極 界面電子移動制御とその応用】において,「不溶性シクロデキストリン/ナフィオン混合薄膜の調製と包椄選択性」というタイトルで研究成果を報告しました。

    ■日本化学会第85春季年会で教材研究の成果を発表  

    日本化学会第85春季年会(2005年3月26日〜29日:神奈川大学)の化学教育ポスターセッションにおいて,「デジタルビデオカメラ・顕微鏡・コンピュータを活用した食塩結晶成長の教材化」というタイトルで教材研究の研究成果を報告しました。

    ■Journal of Colloid and Interface Science に論文掲載が決まりました。  

    コロイド・界面化学の国際誌「Journal of Colloid and Interface Science 」に当研究室と北大大学院地球環境科学研究科嶋津研との共同研究「Facile formation of water-insoluble cyclodextrin/Nafion composite films on solid surfaces」(2005年2月28日アクセプト)が掲載されます。


     →物理化学研究室近況報告 最終更新 2002. 3. 25
    北海道教育大学札幌校へのリンク 北海道教育大学本部へのリンク
    北海道教育大学教育学部札幌校化学教室 物理化学研究室
    〒002-8502 札幌市北区あいの里5条3丁目1
    Phone 011-778-0366(ダイヤルイン) Fax 011-778-0366(Phone 共通)
    サーバー管理者:田口 哲 taguti@sap.hokkyodai.ac.jp

    since 1997/11/21