←ホーム |新着|紹介 |実験室 |カリキュラム|メンバー |教育 |研究 |業績 |卒論 |リンク |資料 |アルバム |

北海道教育大学教育学部札幌校理科教育講座化学教室物理化学

化学教室カリキュラム紹介


  化学教室で学ぶことを希望している学生は、まず1年次で自然生活教育系に所属して、2年次にその系内の基礎科学専攻を志望してください(自然生活教育系以外から基礎科学専攻にくる道も無いわけではありませんが、その後の履修がきつくなりますので、必ず1年次は自然生活教育系に属してください)。基礎科学専攻に配属された後、更に所属分野分けをしますので、そこで 「化学」を第1志望にしてください。ここでは、化学教室が提供しているカリキュラムについて紹介します。

一年次
 一年目が受講する講義で化学に関するものは二つあります。一つは、自然科学科一年目を対象にした「化学概論」です。これは、基礎科学専攻を希望しているものは必ず受講しなければならない講義です。この講義では、大学で化学を学ぶ上での基礎(物理化学・無機化学・分析化学分野)を身につけます。二つ目は、自然生活教育系共通科目、「生活と化学」です。この講義では、主に、有機化学関係の基礎的内容を扱っています。この他に教養科目(一年目全学生対象)として「化学の基礎」を開講し、生活の中の化学について主に講義しています。

二年次
 二年目になると、専攻・分野分けがされ、化学の各分野についてのより専門的な教育が始まります。講義としては、物理化学が開講されています。さらに、「化学実験(一)」(自然科学科対象)において無機分析化学・物理化学・有機化学の基礎実験をおこないます。

三年次
 三年目では、分析化学・有機化学・無機化学・生物化学に関する講義を受講します。又、各専門分野の講義の内容の発展・定着をはかる目的で「物理化学演習」「有機化学演習」「分析化学ゼミナール」を開講しています。形式は各ゼミナールにより異なりますが、演習・講義・実験などを行っており学生の主体的活動が要求されます。また学生実験としては、「化学実験(二)」(化学専攻生対象)では分析化学実験をおこない、「化学実験(三)」で物理化学分野の実験をおこない、「化学実験(四)」で有機化学分野の実験をおこないます。さらに、「理科教育演習(化学)」では小中学校化学実験演習を行い、理科教師としての教育現場における実践的指導力が身につくよう指導しています。

四年次
 四年生になると各分野(有機化学・分析化学・物理化学)のいずれかの研究室に配属になり卒業研究をおこないます。各分野の教官から与えられたテーマについての実験を行い、二月には研究成果を教官・学生の前で報告し質疑を受け、 卒業論文をまとめて卒業となります。多くの卒業生は、このようなカリキュラムを通して理科教員としての基礎学力・技能・資質を身につけ小学校・中学校理科教員となっています。又、本学や北海道大学の大学院に進みさらに研究を行う人や公務員を目指す人もいます。

 その他、選択科目として「地球化学」「化学特講(一)(二)(三)」が開講されています。  


基礎科学専攻・化学分野開設講義一覧
講義名単位数講義期間担当教官内容対象学年
化学概論前期菅 正彦物理・無機・分析化学の基礎1年次
生活と化学後期早野清治、他有機化学の基礎1年次
物理化学 I前期田口 哲化学熱力学2年次
物理化学 II後期田口 哲化学平衡・電気化学・反応速度論2年次
分析化学 I前期菅 正彦溶液内反応3年次
分析化学 II後期菅 正彦機器分析3年次
有機化学 I前期早野清治有機化学の基本3年次
有機化学 II後期早野清治有機化学反応の起き方3年次
無機化学集中中村 *---2年次以上
生物化学集中  *----2年次以上
地球化学前期菅 正彦地球環境の化学2年次以上
物理化学演習通年田口 哲量子化学の基礎3年次
分析化学演習通年菅 正彦分析化学演習3年次
有機化学演習通年早野清治化学の応用実践3年次
化学実験 I前期早野・菅・田口化学基礎実験2年次
化学実験 II後期菅 正彦分析化学実験3年次
化学実験 III前期田口 哲物理化学実験3年次
化学実験 IV後期早野清治有機化学実験3年次
化学教育演習通年早野・八島*小中学校化学実験演習3・4年次
化学特講 I前期早野清治化学教育について3〜4年次
化学特講 II前期菅 正彦化学とコンピュータ3年次
化学特講 III前期田口 哲学士論文のための基礎4年次
化学特講 IV集中 *-----2〜4年次
*;非常勤講師


←ホーム |新着|紹介 |実験室 |カリキュラム |メンバー |教育 |研究 |業績 |卒論 |リンク |資料 |アルバム |