<2017年度 化学実験I スケジュール>
日時 Aグループ Bグループ Cグループ Dグループ Eグループ Fグループ 備考
4/13(木)    ガイダンス ガイダンス ガイダンス ガイダンス ガイダンス ガイダンス  
4/20(木)    溶液の密度と部分モル容積 鉛-錫合金系の相図作成 水の電気分解によるアボガドロ数の決定 水の蒸発熱の測定 緩衝溶液の性質  電解質溶液の電気伝導度の測定と酢酸の解離定数の決定  
4/27(木)    溶液の密度と部分モル容積 鉛-錫合金系の相図作成 水の蒸発熱の測定 緩衝溶液の性質  水の電気分解によるアボガドロ数の決定 化学電池の起電力の温度依存性  
5/2(火) 水-エタノール混合溶液の粘度測定 溶液の密度と部分モル容積 電解質溶液の電気伝導度の測定と酢酸の解離定数の決定 鉛-錫合金系の相図作成 化学電池の起電力の温度依存性 水の蒸発熱の測定  
5/11(木)    水の蒸発熱の測定 溶液の密度と部分モル容積 化学電池の起電力の温度依存性 鉛-錫合金系の相図作成 電解質溶液の電気伝導度の測定と酢酸の解離定数の決定 水の電気分解によるアボガドロ数の決定  
5/18(木)    教育実習オリエンテーション(附属小:小学校主免)のため休講 教育実習オリエンテーションのため休講(附属小:小学校主免) 金属イオン錯体の可視吸光スペクトル 電解質溶液の電気伝導度の測定と酢酸の解離定数の決定 溶液の密度と部分モル容積 反応速度〜1次反応  
5/25(木)  鉛-錫合金系の相図作成 水-エタノール混合溶液の粘度測定 反応速度〜1次反応 金属イオン錯体の可視吸光スペクトル 溶液の密度と部分モル容積 緩衝溶液の性質   
6/8(木)    鉛-錫合金系の相図作成 水の蒸発熱の測定 教育実習オリエンテーション(附属中:中学校主免)のため休講 教育実習オリエンテーション(附属中:中学校主免)のため休講 教育実習オリエンテーション(附属中:中学校主免)のため休講 教育実習オリエンテーション(附属中:中学校主免)のため休講  
6/15(木)    化学電池の起電力の温度依存性 緩衝溶液の性質  鉛-錫合金系の相図作成 溶液の密度と部分モル容積 水-エタノール混合溶液の粘度測定 金属イオン錯体の可視吸光スペクトル  
6/22(木)    緩衝溶液の性質 化学電池の起電力の温度依存性 鉛-錫合金系の相図作成 溶液の密度と部分モル容積 金属イオン錯体の可視吸光スペクトル 電位差測定による平衡定数の決定   
6/29(木)    電解質溶液の電気伝導度の測定と酢酸の解離定数の決定 水の電気分解によるアボガドロ数の決定 溶液の密度と部分モル容積 水-エタノール混合溶液の粘度測定 電位差測定による平衡定数の決定 鉛-錫合金系の相図作成  
7/6(木)    水の電気分解によるアボガドロ数の決定 電解質溶液の電気伝導度の測定と酢酸の解離定数の決定 溶液の密度と部分モル容積 電位差測定による平衡定数の決定 反応速度〜1次反応 鉛-錫合金系の相図作成  
7/13(木)     電位差測定による平衡定数の決定 金属イオン錯体の可視吸光スペクトル 水-エタノール混合溶液の粘度測定 反応速度〜1次反応 鉛-錫合金系の相図作成 溶液の密度と部分モル容積  
7/20(木)     反応速度〜1次反応 電位差測定による平衡定数の決定 緩衝溶液の性質 化学電池の起電力の温度依存性 鉛-錫合金系の相図作成 溶液の密度と部分モル容積  
7/27(木)   金属イオン錯体の可視吸光スペクトル 反応速度〜1次反応 電位差測定による平衡定数の決定 水の電気分解によるアボガドロ数の決定 水の蒸発熱の測定 水-エタノール混合溶液の粘度測定  
8/3(木)   予備日 予備日 予備日 予備日 予備日 予備日  
2017年4月11日更新
注意:5月2日(火)は木曜授業に振替日
   

毎回ノートパソコンを持ってくること!

実験・レポート作成を効率的に行うには,

  1. 予習をちゃんとする(特に濃度計算,仮説設定)
  2. 実験中の待ち時間にコンピュータでグラフ・データ作成を行ってしまう
  3. 実験手順を頭の中でシミュレーションしておく(待ち時間を無駄にしないように)

Aグループ:5223 5249
Bグループ:5213 5222
Cグループ:5204 5239
Dグループ:5238 5241
Eグループ:
Fグループ:

口頭試問:要相談
口頭試問で予習が不十分と判断される場合は,図書館等で直ちに勉強してきてもらってから,口頭試問をやり直す。その場合,実験開始が遅くなり帰りも遅くなるので,ちゃんと予習をしてくること。