ホームページ戻る

物理化学研究室近況報告

田口 哲


1999.12.15

今度は,大学生の学力低下に関する記事がありましたので載せておきます。

授業についていけない東大生が増加中

 授業についていけない東大生が増加中?――。東大が14日発表した1998年の学生生活実態調査で、こんな結果が出た。大学生の学力低下が問題視されているが、東大生も無縁ではいられないようだ。

 この調査は昨年11―12月に、学部学生約2000人を対象に実施。約6割の回答を得た。

 このうち、大学のカリキュラムが「消化できるか」とたずねたところ、「できない」「多少困難」と答えた学生は計28.7%で、25%足らずだった95年以降、毎年じりじり増え続けている。中でも、理由として「授業の内容が高すぎて理解できない科目がある」ことをあげた学生が 全体の8.7%を占め、この割合も5.4%だった95年から増加傾向。1割に迫る勢いだ。カリキュラム消化を困難視しているのは、女子より男子、文系より理系に多いという。

 このほか、もっとも不安や悩みに感じていることとして、4人に1人が「就職」をあげ、家計支持者の年収平均額が91年以降もっとも低い1034万円(前年調査比2.3%減)になるなど、長引く不況が影を落としていることもうかがわせた。(asahi.com 12月15日)

 一方,こんな状況とは矛盾?する(さらに加速させる)審議会答申も出る始末。

「教員、人物重視で採用」を答申 教養審答申

 教員の採用、研修の改善について検討していた教育職員養成審議会は十日、答申をまとめ、中曽根文相に提出した。教員の不祥事が相次ぎ、学級崩壊などの問題が広がるなか、「学力」よりも社会人経験など人物を重視する多面的な採用方法を提案する一方、適性を欠く教員に厳しい姿勢で臨み、必要に応じて転職を促したり分限免職に踏み切ったりすることも求めている。すべての教員が夏休みなどに民間企業で研修する機会を持つことや、大学院などで自発的に研修を受けるための休業制度を国が設けることも盛り込んだ。 (読売新聞12月10日)

 答申本文には,ここまではっきりと「学力軽視」とは書いていないと思うが,ベクトルとしてはそちらの方に向いているのは答申の文脈からも読みとれます。小・中・高等学校教員の学力が低下したから,教育力が低下し,その結果として大学生の学力も低下したという可能性は考えてないのかしら?。  

このような言い方をされると,まるで「学力」と「人物」(人物って何?社会経験を積めさえすれば学力は無くても良い教師なの?)を同じ次元の上で議論しているような気がしてならない。「学力」が高い者は「人物」としては劣っているということ?両者をごちゃ混ぜにして議論していると違う?この議論に関しては,私が物理教育MLに投稿したものを参考にしてください。


1999.12.9

 気になった記事があったので載せておきます。

数学に悩む中学校、教育課程にも問題

 数学、理科が「嫌い」という中学生がさらに増えた。七日明らかになった国立教育研究所の調査結果に、学校現場 では、「自分で考えようとせず、学ぶ意欲を持てない子どもたちの増加」への危機感を募らせている。すぐに答えを 求める知識偏重の教育の在り方や、家庭生活、社会の変化の影響を指摘する声もある。

 「数学が好きな人、手をあげて」。東京都江東区立深川六中の中村美智子教諭(59)は毎年、一年生の最初の授 業でこう問い掛けている。以前はクラスの三分の一程度が手をあげていたのに、三、四年ほど前から一人か二人に なり、だれも手をあげない学級も珍しくなくなった。中村教諭は、中学受験で失敗し勉強に嫌気がさしたケースに加 え、じっくり考えることが苦手な子どもの増加を心配する。何でも買い与えるなど、少子化で親の意識が変化してい る影響も考えられるという。「今は、問題を見るなり『分数はだめ』と言って解こうともしない子も多いんです。以前だ ったら、わからなくても食らいついてくる子がいたんですけどね」

 理科離れの背景には、身近に自然がなくなり、道具を使ってものをつくる機会が減ったこともあるようだ。板橋区立 高島二中の小島妙子教諭(52)は最近の子どもについて、テレビなどで得る知識が豊富で、問題をこなす技術は塾 で訓練されている半面、「何事にも実体験を積んでいない」と感じている。「昆虫の足を引っこ抜いてみるなど、以前 の子どもは残酷なことを経験して命の大切さを学んでいた。でも今の子は、虫を見るだけで逃げてしまう」というの だ。

 さらに、教師の力不足や教育課程の問題を指摘する声もある。墨田区立更正小の大森享教諭(47)は、ほかの 教師が一時間で終わらせる豆電球の点灯実験を、四時間かけて教える。あえて答えを示さずに、自分の力で発見する面白さを伝えたいからだ。短い時間に多くのものを詰め込めば、授業はつまらなくなる。「教師にも、決められた 通りやるだけの人が増えている。考える段階を大事にした授業をやれば、子どもたちは必ずのってきます」 一方、日本数学会前理事長の浪川幸彦・名古屋大教授は「学校での学習を、試験勉強のための知識としかとらえ ていない。学問への興味や関心が失われており、ある種の学力低下のサインだ」と調査結果を深刻にとらえており、 「特に理科を日常生活と結びつけて考えられないのは問題で、小学校段階でもっと実体験に関連づけた学習をする べきだろう」と提言している。 (読売新聞12月8日)


コメント

・私が,下の1999.9.10に学生について書いたこととそっくり。

・「ゆとり」の名の下にどんどん小中学校での教科の時間数を減らしておいて,「考える段階を大事にした授業」をやろうと思っても物理的に無理ではないか。その分内容を減らしたというかもしれないが,扱う項目数を減らしたと言うよりも,中身を薄くしただけではないか。中身を薄くすると言うことは「出来るだけ考えさせないようにする」という事。

・同様に,教員養成大学・学部でも「教科専門」の時間が半減されてしまった。上と同様に,大学でも,「考える段階を大事にした授業」をやろうと思っても物理的に難しくなった。

・そういう状態で教員養成を行い,そういった学生が教育現場に出ていき,上記記事の「教師にも、決められた通りやるだけの人が増えている」ということになる。

・その結果,小中学生がますます数学や理科が嫌いになる。負のフィードバックである。


参考:対談「学力低下」を考える <7月5日付朝日新聞朝刊より>
文部省政策課長 寺脇研 vs.  東大助教授 苅谷剛彦

 →この対談で,皆さんはどちらの方が“まともな”事を言っていると思いますか?


1999.12.4

 3ヶ月ぶりの更新です。それにしても時間がたつのが早い。その結果、昨年の9月に合った出来事を、今年の9月にあった事と勘違いしている始末。相変わらず毎日、忙殺されているからでしょう。もう少し腰を落ち着けて地に足をつけて仕事がしたいものです。
 この間、教育実習研究授業・授業の再開・ハワイでの日米電気化学会の合同会議の参加といった事がありました。

教育活動関連

教育実習研究授業参観
 今年は小学校と中学校での化学科学生二人の研究授業を見てきました。二人とも、堂々と授業を行っていたと思います。学生にとっては、初めて、学校というところで教壇に立ち教科指導や児童・生徒と交流を経験したわけですから、さぞ感慨深いものがあった事と思います。教員としての仕事の一端を見せてもらい、あるいは自分で経験し、これからの進路を考える上でも重要な経験であったことでしょう。しかしながら一方で,たった1ヶ月間の教育実習によって教師としての力量が上がったかと言えば,多分「上がっていない」でしょう。1ヶ月程度の実習によって教師としての力量が上がるなら誰も苦労はしません。
 では,教員としての力量をつける為の「基礎」「土台」いつどこで作られるのか。それは,大学での授業に他なりません。最近は,審議会等でも「実践的指導力」と言うことが強く言われていますが,「実践的指導力」はあくまでも学問的基礎の上に築かれるものでしょう。無い袖は振れません。
 プロ野球の選手だって,「野球」の練習“だけ”をしているのではなく,筋力や瞬発力等の基礎運動能力を高めるトレーニングにもかなりの時間を割き,その上で「野球」そのものの練習を行っているのです。
授業の再開
 後期が始まって2ヶ月も経ってしまいました。後期が始まってからというもの,電気化学国際会議・五分校連絡協議会・東京出張・推薦入学試験・編入学試験・学内の諸々の委員会などであまり授業の準備に時間を割けないで日が続いていて反省している次第です。やっと少し落ち着いたと思ったら,もう卒業研究の中間発表会が迫っています・・・・・
教員採用試験
 本研究室の院生の竹岡君が登録になりました。おめでとう。超高倍率のなか,本当に良かったと思います。教育大学全体としは大変厳しい結果でしたが,努力が実りました。後輩の皆さんも彼から色々とアドバイスを聞いて,がんばりましょう。彼が報告してくれた2次試験の概要はここにあります(学内のみアクセス可)。昨年度の本研究室の卒業生 笠野さんも小学校(北海道)で登録されたという情報が入りました。おめでとう!

研究活動関連

日米電気化学会の合同会議への参加と発表
 もう1ヶ月以上も前になってしまいましたが,ハワイで行われた日米電気化学会の合同会議に1週間ほど参加してきました。いやー,今になって思うと天国だったね,ハワイは。機会があればまた行きたい。
 ポスターセクションで院生諸君が実験したデータを発表してきました。下の写真は,その時の様子です。

ポスター発表会場にて記念撮影
→ポスター拡大図はこちら

米国の研究者とdiscussion中の著者


1999.9.10

 5ヶ月ぶりの更新です。「1ヶ月毎に更新予定」と書いておきながら・・・・前期は超ハードスケジュールなので、更新している余裕はさすがにありませんでした。5ヶ月ぶりですので、ここでは前期の反省をかねて物理化学研究室の近況報告をしたいとおもいます。

教育活動関連

物理化学(一)
 物理化学(一)の講義は、エントロピーまでなんとか終わらせました。今年は出張が頻繁にあって、補講を行ってやっと昨年と同じところまで進めたところです。これまでの経験から、放っておくと殆どの学生は勉強しない事が分かりましたので、今年は、講義修了後毎回かなりの数の演習問題を課しました。さらに、ただ提出しっ放しではなく、ただちに添削指導をして返却しました。これがどれほどの効果があったのか分かりませんが。

 講義では、「どうして、そうなるのか」という論理を相当時間をかけて飛躍することなく丁寧に話しましたが、分かってもらえたかでしょうか。

 うちの研究室の院生曰く、「今の学生は、“どうしてそうなるのか”という事はどうでもよくて(というか、そういう話を詳細にされるのは迷惑で)、とにかく、楽して単位がほしいだけです。公式を暗記して、それに当てはめて答えが出るような試験問題が一番好まれます。先生(私)みたいに、

“どうして、そうなるのか” とか、
“論理的にこんな事を結論するのは明らかに誤っている” とか、
“君の文にある「従って・・・・である。」の「従って」とは何に従っているのか?全然、「従って」いない!” とか
“無限小量と有限の大きさを持った量をごちゃ混ぜにしてはいけない” とか
“有効数字がこんな10桁もとれるはずがない!” とか
“1.9gと1.90gとでは、意味が全然違う!” とか
“この文は日本語としておかしい。君は本当に分かっているのか?”
 
等々、理屈っぽい事ばかり言っていると煙たがられて、そのうち物理化学研究室を希望する4年生がだれもいなくなりますよ。」
(ちなみに、この院生はちゃんと私の言っていることを理解している学生です。)

 このような学生が大部分であるところまでは、まだ落ちていないと思いますが(と信じたいのですが)、もし、理解しようとしない学生が増えていて、そんな学生が理科教員になっているとすれば(調べたわけではないので、本当にそういった学生が増えているかどうかは分かりませんが)、それは日本の理科教育にとって、いや、日本国そのものにとって非常に危険な事だと思います。

 形としては非常に見えにくいのですが、日本の科学・技術力の根っこの部分を支えているのは、実は初等・中等教育における、理科とか算数・数学といった科目であるのではないでしょうか。そうだとすれば、正確な表現による自分の言葉で、自分の中に、自然科学についての知識体系を構築しようとしないものが「理科教員」になって、そんな教員が子供に理科や算数(数学)を教えるのは、どう考えてもまずいでしょう。

 しかしながら、文部省や教員職員養成審議会も含めて、このような危険性を認識していない人たちが(というよりも、現状を実感(体験)としてわかっていない?)、実は大部分だったりするのではないか。彼らには現場の実体がちゃんと分かっていまい。その結果は、教員免許法改正による教科専門科目修得単位削減に現れている?この点については、ここにある、物理教育MLに投稿した文章をご覧下さい。

 又、8月30日付朝日新聞朝刊によると、中学3年の子どもをもつ親を対象に、中学の各教科について必要だと考えるかどうかをアンケートしたところ、「とても必要」「わりと必要」を合わせると、国語が96・6%でトップ、以下、英語、道徳・学級活動、社会、部活動、数学、体育、理科、技術・家庭科、音楽、美術の順だったそうです。新聞のタイトルには、“教科ごとの必要度を尋ねたら…… 数学・理科が部活より下”と書かれていました。論理性を重視する数学・理科が部活より下なんだから、上の様な学生がでてきてもおかしくないですね。


物理化学(一)の試験結果はどうだったかというと、半数は追試となりました。追試の結果は・・・・・・・・。こちらばかりが、一方的に学生を評価するのも不公平ですので、今年は受講生に私の講義の評価もしてもらいました。結果はこちらをご覧ください。
化学の基礎
 化学の基礎は、どうしても外せない出張と何度も重なってしまい、今ひとつ中途半端な形で終わってしまいました。さらに、昨年ほどは演示実験をすることもできませんでした。
 以前にも書きましたが、今年は改組に伴う時間割改訂の為か、受後者の数が半分程度になってしまい、しかも理系以外の受講者の割合が非常に少なくなってしまいました。私としましては、この講義は教養科目ですので、理系以外の学生向けに授業内容を組み立てていますので残念な結果です。来年度以降は、時間割のあり方も含めて教育研究委員会に検討していただきたい課題です。
物理化学ゼミナール
 今年度の物理化学ゼミナールは、昨年度の物理化学(二)では時間切れで行えなかった内容(一昨年度までは物理化学(二)で何とか終わらせていた内容)を演習も組み入れながら行いました。この講義は3年次学生が対象ですが、教育実習事前指導等により講義はかなり休講にせざるを得ませんでした。後期からは量子化学の基礎を学んでいきたいと考えていますが、はたして半期で終わるかどうか・・・・・。
化学実験(一)
 化学実験(一)の田口担当分は5回でしたが、今年度はティーチングアシスタント(TA)として、うちの研究室の院生の竹岡君が手伝ってくれたので、非常に助かりました。レポートを見る時間ががなかなかとれず、最後にまとめて添削して返却しましたが、来年度は提出翌週には返却できるよう努力したいと思います。
化学実験(三)
 今年度は新たな試みとして、化学実験(三)のWebサイトを作り、実験テキスト等をOn-lineで提供してみました。テキストはHTML形式とPDF形式の両方を用意しました。プリントアウトする場合は、式の見やすさの点からPDFの方を使う事を推奨しましたが、HTML形式のみカラーを使いましたので、図などは、モニター上で見る場合はHTMLの方が良いかもしれません。

 このWebサイトのメリットは、

  1. テキストを部分修正・変更が簡単にできる。
  2. テキストの印刷は学生が必要に応じて行えばよいので、こちらの手間が省ける。
  3. 学生への連絡手段が一つ増える。
  4. リンクにより、他サイトの関連する情報を知らせる事ができる。

などがあげられます。来年度は、質問等をWeb上で受け付けることも考えています。

研究活動関連

苫小牧での日本化学会北海道支部夏季研究発表会への参加と発表
 私と竹岡君・今渡君が参加しました(7/23)。発表は竹岡君・今渡君が各々の研究内容について話しましが、練習の甲斐あって、比較的わかりやすい発表ができたと思います。残念だった点は、全体的に聴衆があまりいなかった点です。札幌から近いところでやったせいでしょうか。来年は、函館で行われるようです。
ポテンシオスタット・単結晶研磨機等の新規購入
 やっと、自前で本当に基本的な実験装置を科研費で入れることができました。これは、我々の分野では必要不可欠な装置だったのですが、今までは北大と教育大を往復してなんとか実験をしていたのです。これで、少しは効率アップすることを期待しています。
化学測定室の片づけと実験スペースの構築
 化学測定室の物理化学研究室分のスペースの片づけを行い、単結晶作成環境を整えました。結晶切断用ダイヤモンドカッター・結晶研磨機・顕微鏡・ドラフト・バーナーなどを新規に導入しました。
実験の再開
 前期は、院生・学生ともに教採や授業で忙しく、実験がなかなか進んでいなかったのですが、ようやく再開しました。

その他

大学院入試と教採1次試験結果発表
 大学院には物理化学研究室からは(札幌校化学全体でも)1名が受験しました。M2の竹岡君が教員採用試験1次に合格しました。これから二次試験です。

1999.4.22

 3ヶ月ぶりの更新です。というのも、この間、異常に忙しくて(卒論まとめの指導・入学試験・学会出張・その他もろもろ)こちらまで手が回らない状態でした。

 前回更新時からの変化といえば、昨年度の物理化学研究室の4年目は無事卒業して、それぞれの進学・就職先に就いたことが最も大きな事でしょう。今頃、皆さん新しい場所で気持ちも新たにがんばっていることと思います。

 4月になり、物理化学研究室に新4年目の藤井君が入ってきました。今年は、例年よりは少なめの1人ですが、院生が2人いますので、研究室のメンバーは私を含め4人というほぼ例年通りの構成です。藤井君は研究室で黙々と勉強に励んでいます。

 4/21に大学院理科専修の修士論文中間報告会があり、M2の竹岡君が発表しました。前もって、追い込み型ではありましたがそれなりに練習したので、何を研究しているか位は分かっていただけたと思います。岩見沢校の化学・理科教育の学生さんはプロジェクターを使って発表していたので、とてもわかりやすい発表でした。

 先週から、授業が始まっていますが、今年度は改組後初めてのカリキュラムが進行しているせいか、色々と例年には見られない混乱や問題が発生しているようです。授業のとりかたについて分からないことや問題が生じたときは、教官に相談してください。
 私が行っている授業の関係では、教養科目「化学の基礎」の受講者数が例年の半数まで落ち込んでしまいました。しかも、受講者の多くは自然・生活系の学生でした。“教養”の授業なのですから、文系・芸体系の学生がむしろ受けた方がよいと考え、そのような学生にターゲットを絞った授業を考えていましたので、今年の状況はちょっと残念です。今後、このような状態が続かないよう時間割を工夫する必要があるのではと、個人的には考えています。


 

1999.1.27

 年も明けて、大学は、講義が再開されると共に入試シーズンを迎えて慌ただしくなってきました。これからは、入試関係の業務や会議等で時間をとられそうです。

 研究室では風邪(インフルエンザ?)が流行っています。私は引かないよう気をつけていますが・・・これから卒論発表会に向けて追い込みですので4年目の人は特に気をつけましょう。

 物理化学(二)の講義は後と二回しかありません。電気化学を基本を何とか終わらせるところまでしか進められませんね。できれば、電解質溶液論や反応速度論まで終わらせたかったのですが・・・・・かといってどんどん先に進んでも理解できないようであれば何にもならないわけで・・・残った分は来年度の物理化学演習(ゼミナール)の時間でやりたいと思いますので(必修ではありませんが)是非いや必ず受講して下さい。化学実験(三)にも関係する所ですので。それと、今から期末試験に向けて計画的に勉強しておかねば間に合いませんよ。

 研究室の4年生は実験は1月いっぱいで目処をつけて、2月は、卒論発表会の準備や卒論書きに集中して下さい。  


ホームページ戻る