←ホーム |新着|紹介 |実験室 |カリキュラム |メンバー |教育 |研究 |業績 |卒論 |リンク |資料 |アルバム |

北海道教育大学教育学部札幌校理科教育講座化学教室物理化学


研究業績(年別)



原著論文・著書

2009

  1. 条件制御下における食塩水滴中の結晶析出挙動の観察教材−コンピュータとデジタルビデオカメラ装着実体顕微鏡を活用した実験教材プロトタイプの開発−(田口 哲,樋田拓至),北海道教育大学紀要(教育科学編) 第59巻第2号, pp. 33-42 (2009)
  2. 中学校理科教科書 未来へひろがるサイエンス 1年(1・2分野)平成21年度用補助教材(塚田 捷 他27名). pp. 1-25 (2009)
  3. 中学校理科教科書 未来へひろがるサイエンス 3年(1・2分野)平成21年度用補助教材(塚田 捷 他27名). pp. 1-40 (2009)

2008

  1. Kinetic study of nitrate reduction on Pt(110) electrode in perchloric acid solution.(Satoshi Taguchi, Juan M. Feliu),Electrochimica Acta, 53, pp.3626-3634 (2008)
  2. Zinc underpotential deposition at Pt(111) and Pt(110) under influence of boric acid and chloride anions.(A. A. El-Shafei, Satoshi Taguchi, Akiko Aramata),Russian Journal of Electrochemistry, 44, pp.690-696 (2008)
  3. 教科の専門性に裏打ちされた「科学・技術・芸術」に対する深い興味の喚起を促す小・中学生向け講座の開発と実践−拓北・あいの里地区地域連携ボトムアップ型事業「土曜講座」−(田口 哲,並川寛司,岡村 聰,森田みゆき,杵淵 信),北海道教育大学生涯学習教育研究センター紀要 第8号, pp. 185-187 (2008)

2007

  1. Electrochemical reduction of nitrate on Pt(S)[n(111)x(111)] electrodes in perchloric acid solution.(Satoshi Taguchi, Juan M. Feliu),Electrochimica Acta, 52, pp.6023-6033 (2007)

2006

  1. 総説:電気化学環境修復−硝酸性窒素の電解還元除去 (特集:電気化学反応による環境有害物質の分解・除去技術)(嶋津克明,中田 耕,吉永裕介,田口 哲),Electrochemistry, 74, pp.774-778 (2006)

2005

  1. Facile Formation of Water-Insoluble Cyclodextrin/Nafion Composite Films on Solid Surfaces. (K. Nakata, M. Sakamoto, S. Taguchi, N. Yoshida, K. Shimazu) Journal of Colloid and Interface Science, 28, pp.634-637 (2005)
  2. 中学校理科用文部科学省検定済教科書 未来へひろがるサイエンス(竹内敬人ほか46名)株式会社 新興出版社啓林館 (2005)
  3. 科学に対する深い興味の喚起を促す小・中学生向け実験・観察プログラムの開発と実践:拓北・あいの里地区地域連携事業「土曜講座」(田口 哲・並川寛司・岡村 聰・森田みゆき)北海道教育大学紀要(教育科学編),第56巻第1号,pp.131-146 (2005)
  4. CCDカメラとコンピュータを活用した拡散現象の教材開発(田口 哲・目黒英則)化学と教育(日本化学会),第53巻第11号,pp.626-629 (2005)

2004

  1. 理科教育学 -教師とこれから教師になる人のために- (八田明夫・丹沢哲郎・土田 理・田口 哲)東京教学社 (2004)

2003(在外研究中)

  1. 顕微鏡・デジタルビデオカメラ・コンピュータを活用した塩化ナトリウム結晶成長速度の測定教材. (田口 哲・松村幸子) 理科の教育,第52巻第10号,pp.31-33 (2003)
  2. CCDカメラとコンピュータネットワークを活用した半仮想化学実験システムの開発(田口 哲) 文部科学省科学研究費補助金(特定領域研究)「新世紀型理数科系教育の展開研究」平成14年度研究成果報告書, pp.107-108 (2003)
  3. 簡易型遠隔授業・遠隔会議システムに関する研究 (菅 正彦,佐藤 肇,田口 哲,高柳 滋,大内 定,高久宏一,濱地秀行) 情報処理センターブルティン(北海道教育大学情報処理センター紀要),第8号 pp.37-42 (2003)

2002

  1. 化学電池を教材とするエントロピーとギブスエネルギーと熱力学的可逆過程の導入法について. (森川鉄朗・田口 哲)上越教育大学研究紀要,第21巻第2号,pp.431-442 (2002)
  2. 手作り簡易型分光器・CCDカメラ・コンピュータを活用した発光スペクトル教育用演示実験システム. (田口 哲・渡辺 勤) 化学と教育(日本化学会),第50巻第4号,pp.329-330 (2002)
  3. Electrochemical and in-situ STM studies of anomalous phosphate adsorption induced on Zn UPD at Au(111) in the presence of halide ions in aqueous phosphate solutions. (Shin Takahashi, Akiko Aramata, Mitsuhiro Nakamura, Kiyoshi Hasebe, Masahiro Taniguchi, Satoshi Taguchi, Akihiko Yamagishi) Surface Science, 512, pp.37-47 (2002)
  4. Webサーバを活用した学生教育支援ならびに研究室情報公開システムの開発と運用(田口 哲)北海道教育大学教育実践総合センター紀要,第3号, pp.91-98 (2002)
  5. VOD(Video on demand)映像教材配信システムの構築. (田口 哲) 情報処理センターブルティン(北海道教育大学情報処理センター紀要),第7号 pp.7-12 (2002)

2001

  1. アセトンヨウ素化反応の速度論的研究 - CCDカメラとコンピュータを利用した反応速度測定教材開発の為の予備的検討 -. (田口 哲・笠野恵子)北海道教育大学紀要 自然科学編,第51巻第2号,pp.37-44 (2001)
  2. CCDカメラとコンピュータを用いた画像解析法による反応速度測定教材の開発:アセトンのヨウ素化反応速度の測定. (田口 哲・笠野恵子)化学と教育(日本化学会),第49巻第3号,pp.158-159 (2001)
  3. The underpotential deposition of Zinc ions at Pt(111) in Alkaline Solution: Effect of Hydroxyl Species. (K. Igarashi, A. Aramata and S. Taguchi) Electrochimica Acta, 46, pp.1773-1781 (2001)
  4. Underpotential deposition (upd) of zinc on Au(111) in phosphate solution: Anomalous effect of phosphate co-adsorption on Zn upd. (S.Taguchi, M. Kondo, S. Takahashi, and A. Aramata)  Proceedings of "Frontiers of Nano-scale Catalysis and Electrochemistry: Proposals for the Research in the 21st Century", pp.77-78 (2001)
  5. モル次元の教材化と物質量の釣り合いについて. (森川鉄朗・田口 哲)上越教育大学研究紀要,第20巻第2号,pp.535-548 (2001)
  6. 化学教育におけるデジタルプレゼンテーションコンテンツの開発とWebサーバとの連帯に関する実践的研究:理科教員を目指す学生にとって「よりわかりやすい授業」を設計する. (田口 哲)北海道教育大学教育実践総合センター紀要,第2号, pp.75-83 (2001)
  7. コンピュータネットワークを利用した教育活動を円滑に進めるためのワイヤレスネットワークの構築. (田口 哲) 情報処理センターブルティン(北海道教育大学情報処理センター紀要),第6号,pp.19-24(2001)
2000
  1. Macintoshをルータとして使用する研究室内LANの簡便な構築・運用法に関する研究. (田口 哲)情報処理センターブルティン(北海道教育大学情報処理センター紀要),第5号,pp.21-26 (2000)
  2. 安全性を備えたウェッブベースコミュニケーションシステムの構築に関する研究. (佐藤 肇・菅 正彦・杵渕 信・田口 哲・邑本俊亮・岡安多香子・加藤富夫・長田正幸・内田 輝・濱地秀行・気田幸和・榎並典昭・高久宏一・鈴木淳一)情報処理センターブルティン(北海道教育大学情報処理センター紀要),第5号,pp.9-14 (2000)
  3. 外挿法で絶対零度に挑戦する 〜三角フラスコと注射器を用いたシャルルの法則の確認実験. (田口 哲)化学と教育(日本化学会),第48巻第12号,pp.808-810 (2000)
1999
  1. マロン酸およびその関連誘導体臭素化反応の速度論的解析: 熱力学的物理量が反応速度に与える影響を理解するための化学教材. (田口 哲・仲野恵美子)化学教育ジャーナル(CEJ),第3巻第1号,採録番号3-5, (1999)  URL http://chem.sci.utsunomiya-u.ac.jp/v3n1/
  2. 単結晶電極表面上の異種金属単原子層形成機構に関する研究. (田口 哲) (財)北海道科学・産業技術振興財団 研究開発支援事業(一般研究奨励事業) 研究報告書   (1999)
1998
  1. Underpotential deposition of zinc ions at single crystal electrodes and the effect of the adsorbed anions. (A. Aramata, S. Taguchi, T. Fukuda, M. Nakamura and G. Hor�yi ) Electrochimica Acta, 44, pp.999-1007 (1998)
  2. Correlation of the underpotential deposition (UPD) of zinc ions on Pt(111), Pt(100), and Pt(110) with anion specific adsorption. (S. Taguchi and A. Aramata) Journal of Electroanalytical Chemistry, 457, pp.73-81(1998)
  3. 熱力学的物理量としての温度の導入法について.(森川鉄朗・田口 哲)上越教育大学研究紀要,第18巻第1号, pp.285-299 (1998)
1997
  1. Kinetics study of underpotential deposition of zinc ions on Pt(111) in acidic phosphate solution. (S. Taguchi, T. Fukuda, and A. Aramata) Journal of Electroanalytical Chemistry, 435, pp.55-61 (1997)
  2. The underpotential deposition of zinc ions on single crystal electrodes and the effect of the adsorbed anions. (A. Aramata and M. Nakamura and T. Fukuda and S. Taguchi) Proceedings of International Meeting of surface electrochemistry of the metal/electrolyte interface as portrated by structure sensitive data, pp.50-51 (1997)
1996
  1. Underpotential deposition of zinc ions on polycrystalline platinum: FTIR and EQCM study. (A. Aramata, S. Terui, S. Taguhi, T. Kawaguchi and K. Shimazu) Electrochimica Acta, 41, pp.761-766 (1996)
  2. Co-UPD of underpotential deposition of copper and zinc ions on Pt(111). (S. A. Abd El-Maksoud, S. Taguchi, T. Fukuda, and A. Aramata) Electrochimica Acta, 41, pp.1947-1952 (1996)
1995
  1. Effect of adsorbed CO on hydrogen ionization and CO oxidation reactions at Pt single crystal electrodes in acidic solution. (H. Kita, H. Naohara, T. Nakato, S. Taguchi, and A. Aramata) Journal of Electroanalytical Chemistry, 386, pp.197-206 (1995)
  2. Voltammetric study of underpotential deposition (UPD) of Zn2+ ions on Pt(111): Effect of adsorbed anion. (S. Taguchi and A. Aramata) Journal of Electroanalytical Chemistry, 396, pp.131-137 (1995)
1994
  1. Adsorption of CO and CO2 on polycrystalline Pt at a potential in hydrogen adsorption region in phosphate buffer solution: An in situ FTIR study. (S. Taguchi, T. Ohmori, A. Aramata and M. Enyo) Journal of Electroanalytical Chemistry, 369, pp.199-205 (1994)
  2. Reduced CO2 on polycrystalline Pd and Pt electrodes in neutral solution: Electrochemical and in situ FTIR studies. (S. Taguchi, A. Aramata, and M. Enyo) Journal of Electroanalytical Chemistry, 372, pp.161-169 (1994)
  3. Surface structure sensitive reduced CO2 formation on Pt single crystal electrodes in sulfuric acid solution. (S. Taguchi and A. Aramata) Electrochimica Acta, 39, pp. 2533-2537 (1994)
  4. The CO adsorbed species characterization by in situ FTIR: I. Polycrystalline Pt electrodes in a wide pH range. (S. Taguchi, A. Aramata, H. Naohara and H. Kita) Denki Kagaku, 62, pp.513-515 (1994)
  5. Underpotential deposition of Zn2+ on platinum, palladium and gold at various pH values. (Md. A. Quaiyyum, A. Aramata, S. Moniwa, S. Taguchi and M. Enyo) Journal of Electroanalytical Chemistry, 373, pp.61-66 (1994)
  6. UPD of Zn2+ on low index single crystal platinum electrodes in acidic solutions. (S. Taguchi, A. Aramata, Md. A. Quaiyyum and M. Enyo) Journal of Electroanalytical Chemistry, 374, pp.275-277 (1994)
1993
  1. Underpotential deposition (UPD) of Zn2+ ions on palladium and platinum at various pH's. (Md. A. Quaiyyum, A. Aramata, S.Taguchi and M. Enyo) Denki Kagaku, 61, pp.847-848, (1993)
  2. In situ 測定法組み合わせによる電極反応場の構造・ダイナミクスの解明および電極機能の設 計をめざす.(田口 哲) 電気化学および工業物理化学,61, pp107-108, (1993)

講演・学会発表等

2009

  1. 教員養成制度の構造改革と本学における理科教員養成・化学教育〔依頼講演〕(田口 哲) 2009年 北海道地区化学教育研究協議会 (主催:日本化学会北海道支部・日本分析化学会北海道支部・日本化学会化学教育協議会),北海道大学大学院理学研究院 (2009)
  2. Observation of NaCl crystallization process from its aqueous solution droplet on a glass slide using a computer and the video camera mounted on a microscope under controlled experimental conditions: Effects of humidity and surface area of the droplet on the crystallization process.〔ポスター発表〕(Satoshi Taguchi, Hisanori Sato) Third NICE -Network for Inter-Asian Chemistry Educators - Symposium (NICE2009),Tokyo Gakugei University,(2009)
  3. 条件制御下での食塩水滴中の結晶析出観察実験教材:顕微鏡・ビデオカメラ・コンピュータを活用したプロトタイプの製作〔口頭発表〕(田口 哲・佐藤久典 ) 日本化学会第89春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス,(2009)

2008

  1. Structural Effects on Electrochemical Reduction of Nitrate at Pt(S)[n(111)×(111)] and Pt(S)[n(111)×(100)] Electrodes in Acidic Medium.〔ポスター発表〕(S. Taguchi, J. M. Feliu) PRiME 2008 (Pacific Rim Meeting on Electrochemical and solid state science) ,Honolulu, Hawaii, USA,(2008)
2007
  1. 教科の専門性に裏打ちされた「科学・技術・芸術」に対する深い興味の喚起を促す小・中学生向け講座の開発と実践:拓北・あいの里地区地域連携ボトムアップ型事業「土曜講座」.〔口頭発表〕(田口 哲・並川寛司・岡村 聰・森田みゆき・杵淵 信) 平成19年度北海道教育大学生涯学習研究大会,北海道立道民活動センター かでる2・7,(2007)
  2. 顕微鏡下における食塩水滴からの結晶析出の教材化:結晶析出挙動に対する種々の条件の影響.〔ポスター発表〕(田口 哲,樋田拓至,田中麻衣) 日本化学会第87春季年会,関西大学千里山キャンパス,(2007)
2006
  1. 見えないものを観る基礎基本ー測定・単位・物理量ー 大学教育の現場からみた確かな学力を育む為の小中学校理数科系教育の重要性と課題.〔招待講演〕(田口 哲) 第32回苫小牧市教育研究大会理科研究部会,苫小牧市立明倫中学校,(2006)
  2. シクロデキストリン/ナフィオン混合薄膜へのパラ−ニトロフェノール包接挙動の温度依存性と熱力学的特性.〔口頭発表〕(田口 哲・秋葉政人・久保村泰輔・中田 耕・吉田 登・嶋津克明) 日本化学会北海道支部2006年夏季研究発表会,室蘭工業大学,(2006)
2005
  1. シクロデキストリン/ナフィオン混合薄膜の安定性と特性.〔口頭発表〕(中田 耕・秋葉政人・坂本 稔・吉田 登・田口 哲・嶋津克明) 日本化学会北海道支部冬季研究発表会,北海道大学,(2005)
  2. デジタルビデオカメラ・顕微鏡・コンピュータを活用した食塩結晶成長の教材化. 〔ポスター発表〕(田口 哲・松村 幸子・小林 周朗・樋田 拓至)日本化学会第85春季年会,神奈川大学横浜キャンパス,(2005)
  3. 高指数面白金単結晶電極上での硝酸イオン還元活性:Pt(s)-[n(111)×(111)]とPt(s)-[n(111)×(100)]の比較. 〔口頭発表〕(田口 哲・Juan M. Feliu ) 電気化学会第72回大会,熊本大学,(2005)
  4. 不溶性シクロデキストリン/ナフィオン混合薄膜の調製と包椄選択性. 〔口頭発表〕(中田 耕・秋葉政人・坂本 稔・吉田 登・田口 哲・嶋津克明) 電気化学会第72回大会,熊本大学,(2005)
  5. クロデキストリン薄膜の包椄特性と環境質量センサーへの応用. 〔ポスター発表〕(中田 耕・秋葉政人・坂本 稔・吉田 登・田口 哲・嶋津克明) 第66回分析化学討論会,北見工業大学,(2005)
  6. 高指数面白金単結晶電極上での硝酸イオン還元に対するステップ原子配列構造の影響. 〔口頭発表〕(田口 哲・Juan M. Feliu) 日本化学会北海道支部2005年夏季研究発表会,はこだて未来大学,(2005)
  7. リン酸塩溶液中のAu(111)単結晶電極上への亜鉛のアンダーポテンシャル析出に伴う電子移行数の熱力学的検討. 〔ポスター発表〕(森 洋樹、田口 哲) 日本化学会北海道支部2005年夏季研究発表会,はこだて未来大学,(2005)
  8. 光学顕微鏡下でのデジタル撮影による塩化ナトリウム結晶成長の教材化. 〔ポスター発表〕(樋田拓至、田口 哲) 日本化学会北海道支部2005年夏季研究発表会,はこだて未来大学,(2005)
  9. Facile formation of water-insoluble cyclodextrin/Nafion composite films on solid surfaces. 〔ポスター発表〕(K.Nakata, M.Sakamoto, M. Akiba, S.Taguchi, N.Yoshida, K.Shimazu) PacifiChem 2005,Honolulu, Hawai (2005)
2004
  1. Pt(s)-[n(111)×(111)]高指数面単結晶電極上での硝酸イオン還元活性. 〔口頭発表〕(田口 哲・ Juan M. Feliu )  電気化学会第71回大会,慶応義塾大学理工学部,(2004)
  2. 環境質量センサー構築を目的としたシクロデキストリン薄膜の調製と包椄挙動. 〔口頭発表〕(中田 耕・坂本 稔・吉田 登・田口 哲・嶋津克明) 日本化学会北海道支部夏季研究発表会,苫小牧工業高等専門学校,(2004)
  3. (111)ステップと(111)テラスからなる高指数面白金単結晶電極上での硝酸イオン還元. 〔口頭発表〕(田口 哲・Juan M. feliu ) 日本化学会北海道支部2004年夏季研究発表会,苫小牧工業高等専門学校,(2004)
2003(在外研究中)
  1. Oxoacid adsorption on Zn underpotential deposition and specific adsorption of borate on Pt(111). 〔ポスターセッション〕(A. Aramata, S. Taguchi, A. A. El-Shafei ) 1st spring meeting of the international society of electrochemistry, Alicante, Spain (2003)
2002
  1. Pt(111)電極へのホウ酸の特異吸着とZn updに対するその影響:リン酸塩との比較.[口頭発表](荒又明子,A. A. El・Shafei,田口 哲) 電気化学会第69回大会,東北大学,(2002)
  2. 自作簡易型分光器・CCDカメラ・コンピュータを用いた吸収スペクトル演示実験システムの開発.[ポスターセッション](田口 哲・渡部 勤)日本化学会第80春季年会,早稲田大学西早稲田キャンパス,(2002)
  3. 理系科目の連携の問題点.[パネル討論〜「高校との接続をどうするか?」パネラー](田口 哲)平成14年度学生生活研究セミナー(民主教育協会(IDE)北海道支部・北海道大学 共催),ホテル札幌ガーデンパレス,(2002)
  4. Specific adsorption of borate and its effect on zinc underpotential deposition at Pt(111) in acidic media: in comparison with those of phosphate. 〔ポスターセッション〕(A. Aramata, A. A. El-Shafei, S. Taguchi)  53rd annual meeting of the international society of electrochemistry, D_sseldorf, Germany, (2002)
  5. CCDカメラとコンピュータを活用した拡散現象の教材開発.〔ポスターセッション〕(田口 哲・目黒英則) 日本化学会第82回秋季年会,大阪大学豊中キャンパス,(2002)
2001
  1. Au(111)へのZn upd ボルタモグラムに対するアニオン種ならびにpH依存性[口頭発表](田口 哲・今渡 政成・荒又 明子) 2001年3学協会(電気化学会・腐食防食協会・表面技術協会)北海道支部研究発表会,北海道大学,(2001)
  2. リン酸アニオンと特異的に共吸着するAu(111)電極上のアンダーポテンシャル析出亜鉛 [口頭発表](今渡政成・田口 哲・高橋 真・荒又明子) 日本分析化学会・日本化学会・日本エネルギー学会・触媒学会 北海道支部2001年冬季研究発表会,北海道大学,(2001)
  3. Underpotential deposition (upd) of zinc on Au(111) in phosphate solution: Anomalous effect of phosphate co-adsorption on Zn upd. [ポスターセッション](S.Taguchi, M. Kondo, S. Takahashi, and A. Aramata)  "Frontiers of Nano-scale Catalysis and Electrochemistry: Proposals for the Research in the 21st Century", Hokkaido University Japan (2001)
  4. 手作り簡易型分光器・CCDカメラ・コンピュータを活用した発光スペクトル教育用演示システムの開発.[ポスターセッション](田口 哲・渡部 勤)日本化学会第79春季年会,甲南大学岡本キャンパス,(2001)
  5. リン酸塩溶液中のAu(111)電極へのZn UPD :ハロゲン化物イオンの効果と共吸着アニオンの同定.[口頭発表](田口 哲・今渡政成・高橋 真・荒又明子 )電気化学会第68回大会,神戸大学,(2001)
  6. Underpotential Deposition (upd) of Zinc on Au(111) in Phosphate Solution: Anomalous Effect of Phosphate Co-adsorption on Zn Upd [口頭発表]( S. Taguchi, M. Kondo, S. Takahashi, and A. Aramata)2001 Joint International Meeting - the 200th Meeting of The Electrochemical Society, Inc. and the 52nd Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry - San Francisco, California (2001)
  7. 金属単結晶電極へのZn upd挙動に対する各種アニオンの影響.[口頭発表](荒又明子,A.A. El-Shafei,田口 哲 )2001年電気化学秋季大会,東京理科大学,(2001)
2000
  1. CCDカメラとコンピュータを用いた画像解析法による反応速度測定教材の開発:アセトンのヨウ素化反応速度の測定.[口頭発表](田口 哲・笠野恵子)日本化学会第78春季年会,日本大学理工学部船橋キャンパス,(2000)
  2. ハロゲンよりもリン酸アニオンと強く相互作用するAu(111)上のZn UPD .[口頭発表](今渡政成・田口 哲・荒又明子 )電気化学会第67回大会,名古屋大学,(2000)
  3. アニオン共吸着の点からみたAu(111)上 へのZn UPD挙動とCd UPD挙動との相違[ポスターセッション](田口 哲・今渡政成・竹岡良太・荒又明子)電気化学会北海道支部設立30周年 若手研究者発表会,北海道大学,(2000)
  4. IT(Information Technology)を活用した理科教員養成教育の改善と化学教育用実験教材の開発[招待講演](田口 哲)日本化学会北海道地区・触媒学会北海道地区 函館講演会 北海道教育大学函館校,(2000)
1999
  1. Au(111)電極へのCd UPDのボルタモグラム:特異吸着アニオンの効果.[口頭発表](田口 哲・竹岡良太)電気化学会第66回大会,横浜国立大学,(1999)
  2. 貴金属単結晶電極への異種金属アンダーポテンシャル析出過程にアニオン吸着が与える影響[招待講演](田口 哲)電気化学会北海道支部第17回ライラックセミナー,北海道地区国立大学大滝セミナーハウス,(1999)
  3. Au(111)単結晶電極へのCdアンダーポテンシャル析出過程に対する硫酸種の影響.[口頭発表](竹岡良太・田口 哲)日本化学会北海道支部夏季研究発表会,苫小牧工業高等専門学校,(1999)
  4. Au(111)電極へのZnアンダーポテンシャル析出により誘引されるアニオンの共吸着.[口頭発表](今渡政成・高橋 真・荒又明子・田口 哲)日本化学会北海道支部夏季研究発表会,苫小牧工業高等専門学校,(1999)
  5. A Comparative Study of Underpotential Deposition of Cadmium and Zinc on Au(111): Effect of Adsorbed Anions.[ポスターセッション](S. Taguchi, R. Takeoka, and M. Kondo) 1999 Joint International Meeting -196th Meeting of The Electrochemical Society, Inc., 1999 Fall Meeting of The Electrochemical Society of Japan with technical cosponsorship of The Japan Society of Applied Physics, Hilton Hawaiian Village, Honolulu, USA (1999)
  6. Induced Phosphate Adsorption on Zinc Underpotential Deposition at Au(111) in the Presence of Halide Ions in the Solution.[ポスターセッション](S. Takahashi, K. Matsudaira, S. Taguchi, M. Kondo, K. Hasebe, and A. Aramata) 1999 Joint International Meeting -196th Meeting of The Electrochemical Society, Inc., 1999 Fall Meeting of The Electrochemical Society of Japan with technical cosponsorship of The Japan Society of Applied Physics, Hilton Hawaiian Village, Honolulu, USA (1999)
1998
  1. Au(111)単結晶電極へのCd2+アンダーポテンシャル析出過程に対するアニオン種の影響.[口頭発表](竹岡良太・田口 哲)日本化学会北海道支部夏季研究発表会,釧路市生涯学習センター,(1998)
  2. The Underpotential Deposition of Zinc Ions in Alkaline Solutions.[口頭発表](A.Aramata, K.Igarashi, T.Atsumi and S.Taguchi) 49th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Kitakyusyu Japan, (1998)
  3. 亜鉛イオンの1原子層グラフトについて.[口頭発表](荒又明子・G Horanyi・渥美貴弘・田口 哲)第82回触媒討論会,愛媛大学,(1998)
  4. Characteristics of the Underpotential Deposition of Zinc Ions on Pt and Au in Various pH Solutions[口頭発表](A. Aramata, T. Atsumi, T. Fukuda, K. Igarashi, T. Habu and S. Taguchi) 194th Meeting of The Electrochemical Society of America, Boston USA (1998)
1997
  1. 規格化された金属電極表面での電極反応におよぼす電極表面構造・電極/溶液界面構造の影響[招待講演](田口 哲)触媒学会北海道支部第37回オーロラセミナー,西興部村ホテル森・夢(リム), (1997)
  2. Underpotential deposition of Zn2+ ions on Platinum and Gold Single Crystal Electrodes.[招待講演] (A. Aramata, S. Taguchi, T. Fukuda, and M. Nakamura ) Conference on University of Mansoura ~ Chemistry and its Role in Development. Mansoura (1997)
  3. The underpotential deposition of zinc ions on single crystal electrodes and the effect of the adsorbed anions (A. Aramata, M. Nakamura, T. Fukuda, and S. Taguchi) [招待講演]Meeting of surface electrochemistry of the metal/electrolyte interface as portrated by structure sensitive data. Alicante Spain, (1997)
  4. アルカリ溶液中Pt(111)上でのZnアンダーポテンシャル析出と特異吸着アニオンの研究.[口頭発表](五十嵐清徳・荒又明子・田口 哲)97年電気化学秋季大会,早稲田大学,(1997)
1996
  1. UPDシフトと仕事関数との関係.[口頭発表](田口 哲・荒又明子)電気化学会第63回大会,東京農工大学,(1996)
  2. The kinetic study of underpotential deposition of zinc ions on Pt(111). [口頭発表](S. Taguchi and A. Aramata) 47th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Veszpr士 Balatonf殲ed Hungary, (1996)
  3. Pt(111)へのZn UPDメカニズムに対する特異吸着アニオンの影響.[口頭発表](田口 哲・ 福田利浩・荒又明子)96年電気化学秋季大会,立命館大学,(1996)
1995
  1. 多結晶白金電極上での亜鉛のUPD:アニオンの影響.[口頭発表](照井聡・川口俊一・荒又明子・嶋津克明・田口 哲)3協会北海道支部発表会,北海道大学,(1995)
  2. 吸着アニオンにより制御される白金単結晶電極への亜鉛のUPD.[口頭発表](田口 哲・ 荒又明子)電気化学協会第62回大会,東京大学,(1995)
  3. UPDによるPt(111)への銅と亜鉛の共析出.[口頭発表](S.A.Abd El-Maskoud・田口 哲・ 福田利浩・荒又明子)電気化学協会第62回大会,東京大学,(1995)
  4. 白金単結晶電極上でのCO2の還元吸着.[口頭発表](田口 哲・荒又明子)触媒学会触媒討論会(A),室蘭工業大学,(1995)
  5. サイクリックボルタンメトリー及びポテンシャルステップクロノアンペロメトリーによるPt  (111)へのUPDメカニズムの解析.[口頭発表](田口 哲・福田利浩・荒又明子)95年電気化学秋季大会,山梨大学,(1995)
  6. Voltammetric study of underpotential deposition (UPD) of Zn2+ ions on Pt(111): Effect of adsorbed anion.[口頭発表](S. Taguchi and A. Aramata) 46th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Xiamen China, (1995)
  7. FTIRとQCMによる白金電極上の亜鉛UPDの検証.[口頭発表](照井聡・荒又明子・田口  哲・川口俊一・嶋津克明)95年電気化学秋季大会,山梨大学,(1995)
1994
  1. 白金および金単結晶電極への亜鉛イオンのUPD.[口頭発表](田口 哲・茂庭 忍・荒又明子・延與三知夫)電気化学協会北海道支部第20回研究発表会,北海道大学,(1994)
  2. 白金単結晶電極へのCO2 とCO 吸着の比較.[口頭発表](田口 哲・荒又明子・延與三知夫)電気化学協会北海道支部第20回研究発表会,北海道大学,(1994)
  3. Pt(110), Pt(100), Pt(111)電極上への表面構造敏感なCO2還元吸着.[口頭発表](荒又明子 ・田口 哲・延與三知夫) 日本化学会第67回春季年会,青山学院大学,(1994)
  4. 白金単結晶電極への亜鉛イオンのアンダーポテンシャル析出 (II)pH4.6 0.1MKH2PO4中での観測 .[口頭発表](荒又明子・田口 哲・延與三知夫)電気化学協会第61回大会,東北大学,(1994)
  5. 白金単結晶 / 硫酸水溶液界面でのCO2還元吸着.[口頭発表](田口 哲・荒又明子・延與三知夫)電気化学協会第61回大会,東北大学,(1994)
  6. テラス−ステップ構造を持つ白金単結晶電極へのCO2還元吸着.[口頭発表](田口 哲・ 荒又明子)94年電気化学秋季大会,慶応大学,(1994)
  7. 白金単結晶電極への亜鉛イオンのアンダーポテンシャル析出(III)アニオン吸着による影響.[口頭発表](田口 哲・荒又明子)94年電気化学秋季大会,慶応大学,(1994)
  8. Reduced CO2 on Pt single crystal electrodes. [口頭発表](S. Taguchi and A. Aramata) 45th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Porto Portugal, (1994)
  9. UPD of Zn2+ ions on Pt and Au single crystal electrodes.[口頭発表](A. Aramata, S. Taguchi and S. Moniwa) 45th Annual Meeting of the International Society of Electrochemistry, Porto Portugal, (1994)
  10. 亜鉛がUPDした白金単結晶電極上の小分子の反応性.[口頭発表](田口 哲・荒又明子) 触媒学会触媒討論会(A),鹿児島大学,(1994)
1993
  1. 赤外分光法でみたreduced CO2の配座形式とCO2還元反応活性との関係[口頭発表]( 田口  哲・荒又明子・延與三知夫)電気化学協会第60回大会.東京工業大学,(1993)
  2. A study of reduced CO2 on Pd and Pt Electrodes with in situ FTIR spectroscopy [口頭発表] (A. Aramata, S. Taguchi and M. Enyo) 183th Meeting of The Electrochemical Society, Inc., Hilton Hawaiian Village, Honolulu, USA (1993)
  3. 白金単結晶電極へのCO2の還元吸着[口頭発表]( 田口 哲・荒又明子・延與三知夫)93年電気化学 秋季大会,九州大学,(1993)
  4. 白金単結晶電極への亜鉛イオンのアンダーポテンシャル析出[口頭発表](田口 哲・ Md.A. Quaiyyum ・荒又 明子・延與三知夫)93年電気化学秋季大会,九州大学,(1993)
  5. アルカリ溶液中の白金電極上のCO吸着のFTIRによる観測[口頭発表](田口 哲・猶原秀夫・荒又明子・喜多英明)93年電気化学秋季大会,九州大学,(1993)
  6. Pt, Pd Au 上の亜鉛イオンのアンダーポテンシャル析出とそれらの比較[口頭発表](Md.A. Quaiyyum・荒又 明子・茂庭 忍・田口 哲・延與三知夫) 第72回 触媒討論会(A),関西学院大学,(1993)
1992
  1. Pd 電極上へのCO2 およびCOの吸着[口頭発表]( 田口 哲・荒又明子・延與三知夫)電気化学協会第59回大会,東京都立大学,(1992)
  2. PdおよびPt電極上のreduced CO2 の吸着状態の相違[口頭発表]( 田口 哲、荒又明子・延與 三知夫)92年電気化学秋季大会,北海道大学,(1992)
  3. in situ FTIR によるリン酸緩衝溶液中でのPt電極上へのCOおよびCO2の吸着挙動[口頭発表] 田口  哲・荒又明子・大森 唯義・延與三知夫, 92年電気化学秋季大会,北海道大学, (1992)
  4. パラジウム電極上に吸着したreduced CO2 の挙動[口頭発表]( 田口 哲・荒又明子・延與三 知夫)第70回 触媒討論会 (A),新潟大学,(1992)
1991
  1. Pd電極上での表面吸着種の挙動[口頭発表](田口 哲・荒又明子・延與三知夫)91年電気 化学秋季大会,名古屋工業大学,(1991)

競争的資金等獲得状況
2008

  1. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 食塩を主題とした科学知識の主体的体系化を促す探求型化学実験教材の開発とWeb化 (代表:田口 哲) 課題番号18500647 650,000円(うち間接経費150,000円)
2007
  1. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 食塩を主題とした科学知識の主体的体系化を促す探求型化学実験教材の開発とWeb化 (代表:田口 哲) 課題番号18500647 1,170,000円(うち間接経費270,000円)
2006
  1. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C) 食塩を主題とした科学知識の主体的体系化を促す探求型化学実験教材の開発とWeb化 (代表:田口 哲) 課題番号18500647 1,500,000円
  2. 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 科学の発見を追体験する理科実験教材の研究-太陽系,分子運動,遠隔力を見る,測る (代表:岡崎 隆,研究分担者) 課題番号17011001 4,000,000円
  3. (財)日産科学技術振興財団 理科・環境教育助成 「大学生による実験講座ー光と色ー」の教材開発と実践 (代表:並川寛司,分担者) 400,000円
2005
  1. 北海道教育大学学術研究推進経費(若手教員支援研究備費) モデル金属電極触媒を用いた硝酸イオン還元に対する高活性サイト構造の決定(代表:田口 哲) 350,000円 (2005)
  2. 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究 科学の発見を追体験する理科実験教材の研究-太陽系,分子運動,遠隔力を見る,測る (代表:岡崎 隆,研究分担者) 課題番号17011001 3,700,000円
2004
  1. 北海道教育大学学術研究推進経費(研究推進重点設備費) 紫外可視分光光度計(電子冷熱式恒温セルホルダー付き)(田口 哲) 2,000,000円 (2004)
2003
文部科学省在外研究員として海外派遣(Univasidad de Alicante)
2002
  1. 文部省科学研究費補助金 若手研究(B) 原子レベルで規定された電極触媒反応場におけるステップ構造の機能の解明 (代表:田口 哲) 課題番号14740392 2,000,000円
  2. 文部省科学研究費補助金 特定領域研究 新世紀型理数科教育の展開研究 CCDカメラとコンピュータネットワークを活用した半仮想化学実験システムの開発 (代表:田口 哲) 課題番号14022202 3,700,000円
  3. 北海道教育大学教育研究改革・改善経費(若手教官研究支援経費) 金単結晶電極上のカドミウムアンダーポテンシャル析出過程に対するアニオン吸着の影響(田口 哲) 400,000円
  4. 北海道教育大学教育研究改革・改善経費(大学教育改善・大学改革推進プロジェクト経費) 拓北・あいの里地区地域連携事業「土曜講座」プロジェクト(山下克彦・並川寛司・岡村 聡・森田みゆき・田口 哲・新保元康・小路 徹)
2001
  1. 北海道教育大学教育研究改革・改善経費(若手教官研究支援経費) 異種金属単原子層で表面を修飾した構造規制貴金属電極上での電極触媒反応(田口 哲) 496,000円
  2. 北海道教育大学教育研究改革・改善経費(学長指定によるプロジェクト) SCS・双方向システム活用の授業推進のためのプロジェクト(笹谷春美・瀬川良明・田口 哲他12名)
  3. 北海道教育大学教育学部付属教育実践総合センター調査研究費助成(教育実践研究指導部門)Webサーバを活用した学生教育支援ならびに研究室情報公開システムの開発と運用(田口 哲) 85,000円
  4. 北海道教育大学情報処理センター開発プロジェクト経費(ネットワーク開発部門)(田口 哲) VOD(Video on demand)による動画教材配信システムの構築と運用に関する研究 350,000円
2000
  1. 文部省科学研究費補助金 奨励研究(A) 電気化学的に合成した表面構造規制異種金属単原子層のエレクトロキャタリシス (代表:田口 哲) 課題番号11740377 400,000円
  2. 北海道教育大学教育学部付属教育実践総合センター調査研究費助成(教育実践研究指導部門) 大学化学教育における液晶プロジェクター用コンピュータプレゼンテーションコンテンツの開発とWebサーバとの連帯に関する研究  ー理科教員を目指す学生にとって「よりわかりやすい授業」を設計する (田口 哲) 72,000円
  3. 北海道教育大学情報処理センター開発プロジェクト経費(ネットワーク開発部門)(田口 哲) コンピュータネットワークを利用した教育活動を円滑に進めるためのワイヤレスLANの構築及び運用法に関する研究 278,000円
1999
  1. 文部省科学研究費補助金 奨励研究(A) 電気化学的に合成した表面構造規制異種金属単原子層のエレクトロキャタリシス (代表:田口 哲) 課題番号11740377 1,900,000円
  2. 北海道教育大学教育学部付属情報処理センター開発プロジェクト経費(ネットワーク開発部門)(田口 哲) Macintoshをルータとして使用する研究室内LANの簡便な構築・運用法に関する研究 〜研究室内LANの学内LANへの接続とIP masquerade 機能を用いたFirewallの導入および運用〜 370,000円
1998
  1. 文部省科学研究費補助金 奨励研究(A) 電気化学単原子層エピタキシーとアニオン吸脱着挙動の関係に関する研究 (代表:田口 哲) 課題番号09740510 400,000円
  2. (財)北海道科学・産業技術振興財団 一般研究奨励事業 科学研究補助金(個人) 単結晶電極表面上の異種金属単原子層形成機構に関する研究 (代表:田口 哲) 400,000円
1997
  1. 文部省科学研究費補助金 奨励研究(A) 電気化学単原子層エピタキシーとアニオン吸脱着挙動の関係に関する研究 課題番号09740510 (代表:田口 哲)1,800,000円


←ホーム |新着|紹介 |実験室 |カリキュラム |メンバー |教育 |研究 |業績 |卒論 |リンク |資料 |アルバム |